職員研修 Feed

2018年10月26日 (金)

「心がすれちがわないようにするためには?」(5年生)

 10/26(金)2時間目,道徳の授業で「心がすれ違わないようにするためにはどんな気持ちが大切か」についてたくさんの意見が出され,考えを深めることができました。

Dsc_1326

Dsc_1315

2017年12月 1日 (金)

研究公開

11月30日に本校で研究公開を行いました。加治木小は,平成28年度から2年間,市の研究協力校として「学力向上」を目指した算数科を中心とした研究を進めてきました。研究発表終了後に1・3・5年で研究授業をしました。どの学級でも学ぶことの楽しさを子供たちは感じていたようです。授業後の研究協議でも,これまでの取組について多くの御意見をいただきました。参加された先生からいただいた御意見は,今後の研究にかしていきたいと考えております。御参加いただきありがとうございました。

Dscn9815

Dscn9820

2017年1月23日 (月)

学力向上に向けて

本校では今年度から2年間にわたって,「算数」を中心とした子供たちの学力向上を目指した研究を行っています。今日は2年生で算数の研究授業を行いました。問題文を読んでテープ図,式に表して計算する学習を行いました。今回は先生が意図的に間違った図を提示し,自分たちで正しいテープ図に表す学習を取り入れました。子供たちは,なぜその図が間違っているのか,積極的に理由をつけて説明し合っていました。この授業の成果や課題を整理して次年度の研究,子供たちの学力向上に努めていきたいと思います。

Dscn7388

Dscn7390

2016年11月 1日 (火)

第2回研究授業

3年生の研究授業を行いました。「円と球」の学習で,半径や中心が分からない円と同じ大きさの円を描くという学習でした。子供たちは円のカードを折り曲げたり,定規で長さを測ったりと試行錯誤を繰り返しながら,半径を見つけることができました。次回は2年生の算数で研究授業をしますが,今回の授業研究で出てきた課題が成果になるよう研究を進めていきます。

Dscn6803

Dscn6824

2016年6月28日 (火)

研究授業(6年 算数)

昨日,6年生の研究授業を行いました。内容は曲線で囲まれた面積を求める学習です。これまでに円や半円の面積を求める学習をしてきましたが,提示された図形の面積をどのように求めるか一生懸命考えていました。今年度は,「学ぶ意欲を高め,解決する楽しさを味わわせる算数科の授業」をテーマに研究を進めています。放課後の授業研究では,更なる充実に向けて熱心な話合いを行いました。

1

Dscn6068Dscn6073

Dscn6063

 

2016年5月15日 (日)

H28年度加治木校区運動会

校区コミュニティ協議会となってから第2回目の校区運動会が行われました。開会式から250人を超える参加がありました。薫風かおる中、いい日、いい汗、いい気分、絆を深めることができました。

Img_20160515_091047146_2

Img_20160515_094651451

2015年11月 2日 (月)

第2回研究授業

 1年生の道徳の研究授業を行いました。「誠実・明朗」についての学習でしたが,子供たちはワークシートに主人公の顔の表情を描いて,友達と考えをやりとりしていました。授業後は授業研究を行い,更なる授業力の向上を目指して職員で話し合いました。最後に市教委のN指導主事から指導助言をいただきました。1月にはモラリティ・インプルーブメント実践発表会で道徳の授業を公開します。その発表会に向けてだけではありませんが,日々の道徳の時間を大切にしていこうと思います。

Dscn4142

Dscn4157

 

2015年8月21日 (金)

元気に登校(8月21日)

 今日は,2回目の出校日,子供たちが約20日ぶりに学校へ登校しました。夏休みの出来事や頑張ったことなどを笑顔で教えてくれました。全校朝会のあとは,学級で課題帳の確認をしたり,残り約10日間の過ごし方について担任から話を聞いたりしました。

 子供たちの下校後も,職員はオープンスペースのワックスかけを行い,午後から職員会議,職員研修と充実した一日でした。

Dscn3467

Dscn3473

2015年7月22日 (水)

校内研修

 子供たちは夏休みに入りましたが,学校では,長い時間を利用して,午前は職員会議,午後は職員研修を行いました。職員研修は3コマで,まずは,加治木養護学校からY先生をお招きして,特別支援教育に関わるお話を聞きました。そして,学力向上への取組として,子供たちの学習意欲を喚起すし,主体的に学習に臨むための「めあて」の立て方について,5学年の単元を基にグループで話し合いました。「めあて」をたてる前提として,子供たちにその45分で付けさせたい力,そして学習活動も考えていかなければなりません。「めあて」をたてたあとでも,授業の流れや必要な学習用具について話し合うグループもありました。3コマ目は,モラリティインプルーブメントについて,それぞれが夏休みに進めておくべきことについて話し合いました。

Dscn3318

Dscn3351